方向音痴で困っています

私は昔から方向音痴でした。覚えている一番古いエピソードは、子どもの頃、巨大迷路が流行りました。町内の子ども会の遠足で少し離れた街にある小さな遊園地に行きました。

そこには巨大迷路があり、競っていた訳ではありませんが、男子と女子で競うように同時に入りました。stockfoto_51322012_S
制限時間は設けられていませんでしたが、バスで来ていたこともあり、出発間際までやっていたのに、結果として入口から入り、入口から出て来ました。

大学生の時もガラスの鏡の迷路にはいりましたが、自信を持って進むと鏡にばちーんとぶつかっていました。

社会人になりはじめて車を持ちました。同じ時期に友人も車を持ち、カーナビをはじめて使いました。友人の運転で、自宅に送ってもらうはずが、正反対の方に走っていました。

そんなかなりひどい方向音痴の私が、先日スーパーに行って来ました。そこは自分が住む辺りでは一番の広さのスーパーです。
あまりの広さに、どこから入ったのか分からなくなりそうで、迷路を思い出しました。